【’20夏休み】成田発ブルネイ直行便 往復5.9万~コタキナバル周遊も可能

格安航空券情報

8/8-8/12 成田発バンダルスリブガワン 往復5.9万

2020年の夏休みに魅惑のブルネイに格安で遊びに行ける航空券の紹介です。

2019年3月より、ロイヤルブルネイ航空が成田とバンダルスリブガワン(ブルネイの首都)の直行便の運航を開始し、とても行きやすい場所になりました。(ブルネイの紹介は後半)

日程は8/8(土)出発、8/12(水)帰着と、夏休み前半を効率よく活用できる良い日程です。

2020/2/14までサプライスの4,000円クーポンを利用して、往復5.5万円で購入できました。

底値が4万円程度なので、夏休みにしては十分安いチケットです。

8/8-8/12 同日程でブルネイ+コタキナバルの周遊が可能

実はブルネイは、マレーシアの人気リゾート地のコタキナバルと近いんです!

赤枠:バンダルスリブガワン(ブルネイ首都) 青枠:コタキナバル

そこで、往路か復路のどちらかの出発地をコタキナバルにして、2都市周遊が可能です。

8/8-8/12 成田発 コタキナバルIN ブルネイOUT 往復6.4万

8/8-8/12 成田発ブルネイINコタキナバルOUT 往復5.9万

こちらのほうが直行便往復と変わらず安いですが、乗り継ぎ時間が中途半端です。

空港でご飯を食べてお土産を買う時間と割り切れれば良いと思います。

しかし、周遊となるといずれも現地滞在時間が短いと感じるかもしれません。

そこで若干高くなりますが、滞在時間を2日間延ばすプランを下記に紹介します。

8/8-8/14 成田発バンダルスリブガワン 往復6.5万

滞在時間3日では物足りないという方に、2日延ばして8/14の直行便で帰っても比較的安いです。

ただし、ブルネイで5日は持て余すと思いますので、そこで先程のコタキナバル周遊です。

8/8-8/14 成田発ブルネイINコタキナバルOUT 往復6.2万

直行便と同額です。また、帰りの乗継時間が短く、効率が良いです。

ブルネイの空港はコンパクトなため、最低乗継時間(MCT)はわずか45分に設定されています。(例:羽田-70分、金浦-80分)

ブルネイ⇔コタキナバルの移動方法は?

コタキナバル在住のツアーガイドさんのブログに詳しく紹介されています。

フェリーか飛行機がおすすめです。

ブルネイ王国への行き方 | コタキナバルの歩き方 – Nikibix Tours

そもそも、ブルネイってどんな国?

東南アジアのボルネオ島の一部を構成する小さな王国です。国土をマレーシアに囲まれています。

石油や天然ガスが採れる事から、大変豊かな国として有名です。

豪華絢爛なモスクや、世界で2つしかない7つ星ホテルがあります。

金色に輝くスルタン・オマール・アリ・サイフディン・モスク

首都バンダルスリブガワンの市街地にあるオマール アリ サイフディン モスクは、同国を代表する王立のモスクです。

東南アジア最大級のモスクであり、大理石や御影石、英国のステンドグラスやシャンデリアなどが
建造に用いられており、金色のドームが特徴的で大変豪華です。

世界でたった2軒の7つ星ホテル「エンパイアホテル」 何と1泊2万円~!

ホテルの星は5つまでと思われがちですが、世界にはなんと”7つ星ホテル”と呼ばれているところが2軒あります。

ひとつはドバイの有名な「ブルジュ・アル・アラブ」。1泊40万円~もするので手が出ません。

そして、もう1つがこの「エンパイアホテル」。なんと、1泊1部屋2万円~で泊まれます。

ぜひ一度、7つ星ホテルに泊まってセレブ気分を味わってみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました